読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30女のリアルな日常。

夫、息子2人と4人家族♪ごくごく平凡な、今年30歳のゆる日記。

バスの運転手さん。

こんにちは(*^^*)

 

卒業を迎え、新生活に向けてみなさん準備されている頃でしょうか。

 

長男の幼稚園では、昨日卒業式でした。

在園児として参加なので、登園したのですが、卒園する年長さん、その保護者のみなさんが本当に輝いてみえました。

きっと保護者のみなさんの感動は計り知れないものですね(*ToT)

2年後は…と思うだけで、泣けます。

 

我が息子、帰って来て顔を見てみると、

あれ?泣いた??

目を真っ赤にしていました。

主役じゃないよね?どーした?!!笑

 

「○○先生がいなくなっちゃうんだってーー」

あ、離任式があったのか。

でも担任の先生は残るみたいだし、

そんなに悲しくなる先生って誰なんだろう。

 

どうやらそれは、バスの運転手の先生。

前からその先生の話はよくしてくれて、

好きなんだろうな~とは思っていたけれど、

うちの子はバス通園ではありません。

行事のときや、遠足のときくらいしか、バスに乗る機会はないのです。

 

でも、バスを運転する姿がかっこよくて、憧れていたようです。

そして、遠足のときに、お弁当を一緒に食べたそうなのです。

そのとき、とっても優しかったとのこと。

どんなことを話したんだろう?

とても気になります。

 

その後、おおきくなったら何になりたい?

という誕生日の質問で、

「バスの運転手さん!」

と答えていました。

 

泣きながら、車の中で話してくれました。

おそとでころんだとき、たすけてくれたよ

上履きそろえたら、ほめてくれたよ

大人になったら、いっしょにバスうんてんしようねって言ってくれたよ」

 

息子の中で、バスの先生との思い出がこんなにあったなんて、驚きました。

慎重派でとても控えめな性格の長男。

そんな息子が心をひらいた、数少ない先生だったはず。

きっとすごくさみしかったんだろうな。

 

バスを運転するだけではなく、子どもたちにたくさんの笑顔をくれていたんだな、と

私も気づかされました。

本当にありがとうございました!!!

 

移動などではなく、今年で退職されるそうです。

本当におつかれさまでした。

 

来年度も、息子にとって素敵な出会いがたくさんある年になりますように(*´-`)

 

 

いよいよ長い春休み突入で、兄弟ゲンカが絶えない我が家ですが、

のんびり過ごし、進級の準備をしていこうと思います。

 

 

 

 

家を買う。②

こんばんは(*^^*)

 

先日、家を買う。という記事で、どこのメーカーさんで建てようか迷っている。

と書きました。

 

それが今日、ついに!決めてきましたー!!!\(^^)/

まだ全然、本契約もまだですよ!

ただ、私たちが心を決め、

営業さんもそれを悟ってくださり、

よし、一緒に進めていきましょう(^o^)となった感じです。

 

とても若くしてやり手な営業さんなので、

無理矢理契約させようとはしません。

 

こういう流れで進めていきます、

この時期にお金がいくら必要です、

一緒にがんばっていきましょう!

と、決定的な言葉は出さずに、どんどん進めていき、私たちもノリノリになってしまいました!(´ 3`)

 

選択肢は常に私たちに与え、性能の良さや専門的な知識だけを教えてくれる。

さぁ、こんなにいい家、他にありませんけど、

買いますか?買いませんか?

みたいな感じが全身から伝わってくる。

嫌みもなく、爽やかで。

よっぽど自分たちの会社に誇りと自信をもっているんだろうな。

家の性能が素晴らしいのが1番ですが、

営業さんの人柄と惹き付ける力が決定打になりました。

 

お高い…高いんです!!!

でも、それにみあった、いや、それ以上の性能があり、一生の買い物は後悔しないものを!

と思い、決めました。

 

我が家の場合、ほとんどの決定権は主人にあるんですけどね(((^^;)

でも、私がお金の面など心配しすぎていたので、踏み切れなかったみたいです。

今日の主人は本当に本当に子どもみたいにうれしそうでした(о´∀`о)

「もっと稼ぐから!絶対大丈夫だから!」

と大張り切りです。

主人の買い物のようなものだもんなー。

35年、払い続けていくんだもん、

大好きな家であってほしいな。

 

それが私が最終的にOKを出した理由です。

一緒に頑張って返していこう。

 

決めてからはもう、早くアパートを出たい気持ちでいっぱいです!

ローンを払いたいからアパート代がもったいなーーーい!!!

 

でも、私たちがお願いするメーカーさんは、打ち合わせから引き渡しまで、とても時間をかけてやってくださり、

更に施工できる数も決まっているので、

順番待ち状態なのです。

最短でも住み始められそうなのは1年後。

長いー(*ToT)と思いましたが、それだけ誠実に建ててくれるので、安心です。

 

これから打ち合わせに通うのが楽しみです♪

夕焼け空。

こんばんは(*^^*)

 

我が家の息子たちは、空がとても好きです。

外に出るとまず、空を見上げます。

 

朝のすんだ空も、日中の高い空も、夕焼けのオレンジ色の空も、星がきれいな夜空も、

みんな大好きで、よく子どもたちといろんな話をします。

 

長男は、1歳の頃から夕焼け空が大好きで、そのキラキラした瞳が見たくて、

よく夕方散歩に行きました。

れいねー、太陽さん、ばいばーい

と言いながら大喜びでした。

今でも窓から夕陽を見ては、

もう夜になるねー。1日おわっちゃったねー。今日ね、○○してね、…

と幼稚園のことをたくさん話してくれます。

息子のなかでは、夕焼け空が1日の終わりを示すものだと思っているのかな。

 

私は夕方に手を繋いで歩く、子どもとの影を見るのが大好きです。 

そして今日は、たくさんのオオイヌノフグリを見つけました。

春の訪れを感じる、とっても身近な草花。

子どもたちと見つけると、あおい小さな花が咲いているだけで、宝物をみつけたような気持ちになるから不思議です。

 

いつまで手を繋いでお散歩してくれるのかな。

疲れた~と甘える息子を抱っこしてあげられるのはあとどのくらいだろう。

 

そんな切ない気持ちを持ちながら、夕方散歩をすることが多いです。

 

夕方は子どもたちも親も疲れているし、ぐずぐずしたりイライラしたり、大変な時間です。

そんなときは一歩外に出てしまう!

おすすめです(о´∀`о)

これから暖かくなり、活動時間も増えます。

体力がついていかず、疲れてしまうけれど、

自然の力に癒されながらがんばっていきたいです。

 

 

30女の白髪。

こんばんは(*^^*)

 

みなさん、白髪、ありますか?  笑。

私が初めて見つけたのは、28のときでした。

私の旦那は美容師なのですが、

「あ、白髪あるよー!若白髪になっちゃうタイプだねぇ」

と。

んえっっっ?!!Σ(゜Д゜)

し、し、白髪?早くない?!!

「この年でも全然いるけど、白髪になってくのは早そうだね~」

と淡々と言われ。

きっと他の美容師さんだったら言わずにスルーだったんだろうな。

めちゃくちゃショックだったのですが、

旦那がそう言うならいっか、と。

もちろんキレイに染めてもらいましたが(((^^;)

 

今でもたまに自分でみつけるんです。

前髪の中に1本、とか。

ホントは抜かないほうがいいみたいだけど、

見つけた瞬間、ブチッ!!!です(-_-)

憎たらしいー!!と思いつつ、

白髪を眺めてみる。

艶は少しもなくて、パサパサで、いかにももう生きてない感じ。

ここからコレが、増えていくんだなーと

なんともいえない気持ちになりました。

大げさにいえば、カウントダウンが始まった、みたいな。

登り続けて頂上にいたのに、強制的に一歩ずつ下りていかなくちゃいけないような。

 

シミとかシワもそうですけどね。同じです。

でも白髪はやっぱり1番ショックですね~。

これに関しては仲のいい友達にさえ秘密にしておきたいっ( ;∀;)

髪は年齢も出やすいし、印象もだいぶ変わるので、気を付けています!

 

私の母も白髪は早かったと言っていますが、

父も早かったです。

髪の量はすごく多いのですが、58歳の今ではまっ白です。

まだ会社員ですし、人目につく仕事なんですけどね。

絶対染めないです。

白い髪が恥ずかしいような仕事をしてない!とかカッコつけて言っていました(-_-)

きっとめんどくさいだけです。

 

そんな風に何も隠さずに、飾らずに生きていけたら幸せだろなぁと思います。

いかに隠そうか、ばかり考える今日この頃。

髪も肌も体型も…そして自分の気持ちも。

これから長い目で付き合っていかなきゃならないので、

しっかり自分をいたわってあげようと思います(о´∀`о)

 

節約との向き合い方。

こんばんは(*^^*)

 

結婚して5年。スーパーに通うようになり、

ほとんどの品のだいたいの値段は分かるようになり、

毎度にらめっこしております。

 

我が家は結婚当初、全く貯金がなく、(身内からの援助がなかったため、結婚式代や新生活にかかる費用もろもろで消えてしまいましたっ!!)

私はすぐに長男を産んでいたので働いておらず、

主人の給料も本当にわずかなものでした。←失礼。

生活もカツカツで、お金のことでイライラしたり、仕方ないことなのにケンカになってしまったり。

 

家賃も低く済ましている、光熱費もおさえている、無駄な買い物もしていない。

それでも、貯金どころかマイナスになっていく我が家の通帳。

 

1度だけ、そんな時期に家を飛び出したことがあります。( ;∀;)

ほんの、ほんの些細なことなんですけどね。

 

スーパーに行って、食パンを買おうって時に。

私は昔からPASCOの"超熟"が大好きで、実家もいつもそれだったんです。

それが138円とかだったかな。

すると、隣で見ていた主人が、

「パンなんてどれも一緒だから安いのにしよう!」

と言って、スーパーで1番安い79円の食パンと交換しました。

「え、超熟が食べたいんだけど」

もっと反抗したかったけれど、節約のが大事だと思い、しぶしぶレジへ。

なんだろう…この何ともいえないモヤモヤした感じ。泣きそうだ…!!

高いものは何も買ってない、

 安いもので手作りしなきゃって考えて、

でも、パンくらい!

138円のパンくらい!!

選ばせてほしい!!!

 

パンがどうとか、そんなことじゃなく。

全てに"節約"という言葉が付きまとい、

重荷でしかなくなった。

自分の好きなものを1つでも選べないのか。

食べたいものを食べられないのか。

どうしてそこまでしなきゃいけないの?

もう、実家に帰りたい!!

 

雪の中、車を走らせ、実家の近くまで行き、

考えました。

きっと私の両親は、同情なんてしない。

かわいそうなんて言ってくれない。

自分で選んだ人、

自分で選んだ道。

弱音を吐いて戻ってくることなんて、少しも望んでいない。

顔をみせることもなく、家に戻りました。

 

私は、結婚生活に少し疲れていたのだと思います。初めての子育てをしながら、日中誰かと会話をしない空しさもあって。

自分で働いたお金で好きなものを買えないストレスもありました。

 

家に帰り、

「そこまで思いつめてるなんて思わなかった。ごめんね」

と謝ってくれました。

私は甘かったんです。

自分の給料のせいで、家族がストレスをため、家を出るなんて、

男の人にとって、どれほどつらいことで、

どれほどプライドを傷つけたか。

本当に反省しました。

 

それから私は変わりました!

がんばって、とかではなく。

今の自分と家族を受け止めて、家族のためにできることをしよう。

そう考えると、自然に変わることができました。

 

今では、安いパンだっておいしいなと思いますし、基本は全て安さが1番です!

安くても、色々な工夫次第で豪華にもおいしくもなるということを学び、

食費もストレスなく抑えられています。

 

主人の仕事も環境が変わり、以前ほどの苦しさはなく過ごさせてもらっていますが、

子どもたちの将来のため、マイホームのため、夫婦の老後のため、

自分たちの身の丈に合った節約をしていかなければな、と思います(^o^)

 

 

家を買う。

こんばんは(*^^*)

深夜0時。珍しく眠くならないので、ブログ書こう。

 

今年に入って、夫婦で決めたこと。

家、買おう!!!!

長男が小学校に上がるまでに完成させられるように、今から動き始めよう!

ずっとほしいね~と話していましたが、

やっと動きだしました(*^ー^)ノ♪

 

それで、いろんな住宅メーカーさんを見させてもらいました!

大手のメーカーさんや、地元の工務店さん、

結構な数をまわりました。

結果。

もう何を基準に、どうしていいか分からない状態に(T_T)

 

大手メーカーさんの中で、1番は決まっているんです。

性能が本当にすばらしく、デザインも素敵で、本当に申し分ない。

冬は暖房を全く使わなくていい構造だから

オール電化で光熱費が安い!

耐震強度もすばらしく、太陽光発電も規模が大きい!

将来的にもこのメーカーさんで建てたら安心、安全なのは確実。

 

でも、でも、お高いのです…!!!

この性能にこの値段なら、コスパはかなりいいと説明してもらい、

それは理解しました。

何十年後、きっとこのメーカーさんでよかったと思うときがくるんだろうなーと。

 

でも実質、地元の工務店さんにお願いをしたら、500万はお安くなるんですよね。

 

主人は、その大手メーカーさんを気に入ってしまい、そこにしたい!と言っています。

私だって、お金の心配がなかったらすぐにでも決めたい。

 

でも、その500万があれば、息子たちを大学や専門学校に入れてあげられる。

結婚資金の援助をしてあげられる。

 

色々考えて、わからなくなり、主人とケンカになりました。笑

周りに聞いても、価値観はそれぞれ。

その500万は確実ではないし、何十年後の比較は今できない。

 

ホントにホントに悩みます!!!

その経過もまた綴っていこう~。

 

参観日とクラス替え。

こんばんは(*^^*)

 

先日、幼稚園の参観日に行って来ました♪

年少最後の参観日です。

息子の通う園では、年中になるときにクラス替えがあります。

なので今日の参観日は、お友達や先生との

"ありがとう会"をしました(ノ´∀`*)

まだ年少の子どもたちは、おわかれというものがよくわかっておらず、

もちろんクラスが変わるけれど一緒には遊べるのでニコニコ楽しそうだったのですが。

 

先生は号泣していました~(*ToT)

まだ2年目の、若い先生だったのですが、

優しくていつも一生懸命で。

とっても素敵な先生でした!!

経験がまだ少なくても、失敗してしまうことがあっても、

一生懸命がんばる姿はみんなに届くもの

だと教えてくれた先生でした。

それをみた親たちも号泣。

初めての幼稚園生活は、子どもも不安なのはもちろん、親も、先生も、みんなそれぞれに大変なんですよね。

それが通じあって、暖かい、感動的な時間が流れておりました。

先生、本当に一年間ありがとうございました!!!

 

で…!!!!

ですよ。主役は子どもたちなのに、親たちはソワソワしてるんですよ。

クラス替え発表ーー!!!(´▽`;)ゞ

私はそこまでないですけどね。新しい環境で新しい友達ができればいいなぁと。

ママ友達も、さみしいけどいつでも会えるわけだし。

もともと集団での集まりみたいのは苦手だし。

でも、みんなすごいです!!!

「やばい~ドキドキするね」

「離れたらどうしよ」

「知ってる人いなかったら無理ー」

 

女子高生ですか?!!!

って驚きでした(*_*)

うわぁ!これがママ友のおそろしさだーー

と恐怖でしかない。( ;∀;)

 

今日は顔合わせで役員決めたくらいなんですけどね、なんかすごく疲れた~(-""-;)

あまり深入りしないように、適度に付き合っていこう~と思います。